Q&A 互換インクやロール紙についてよくあるご質問
Q. 感熱紙と上質紙の違いとは?
A.
下記の表でご確認ください。

感熱紙と上質紙の違い
Q. 感熱紙の「スタンダード」「中保存」「高保存」とは?
A.
それぞれ特性があり、保存期間が異なります。

タイプ別特性

※保存期間とは、適切な場所・状態で保管した場合の、印字が保たれるおおよその期間です。
あくまで目安であり、保存期間を保証するものではありません。
Q. 感熱紙の保存・注意事項とは?
A.
【感熱紙使用時の注意点】
①印字前は、包装状態(実質的に光、ガスを通さない状態)で温度25℃/湿度65%RH以下の環境で保管して製造後3年以内に使用
②印字後は温度25℃以下の冷暗所に保管(暗所にはファイリング状態を含む)
③水に浸けない
④糊付をする場合は、でんぷん系、ポバール系、CMC系等の水溶性糊を使用
⑤濡れた手や汗ばんだ手で触れない
⑥感熱紙が不得手なもの
熱(暖房・熱くなる車内のダッシュボード)、光(紫外線・太陽光・蛍光灯)
裏カーボン紙及びノーカーボン紙、湿式ジアゾ複写紙
ポリ塩化ビニル製品(ヨムマット、消しゴム、財布等の可塑剤を含むもの)
粘着テープ類、誤字修正液、ハンドクリーム、整髪料、口紅等の化粧品
アルコール類、ケトン、エステル及びエーテル基を有する有機化学物
Q. 裏巻・コアレスとは?
A.
裏巻とは…
印字面が内側(発色面が裏)のタイプを裏巻といいます
裏巻タイプに対応していない機種では使用できませんので、ご確認ください。

コアレスとは…
ロール紙には、ロールの真ん中に芯があるものと、ないものがあります。
芯がないものをコアレスと呼びます。
Q. サイズはどう測ればよい?
A.
サイズは「mm(ミリ)」で表記しております。
※一部「長さ(メートル)」で表記している商品もございます。

紙幅×外径×内径を定規等で測ってください。
※内径は芯を除いたサイズです。芯がない商品(コアレス)は内径を測ってください。
【紙幅は通常表示の±0.5mm】
45×80×12ですと実際の紙幅は44.5mmになりますが、メーカーによって45と表記したり44と表記したりします。どちらも同じ商品ですので支障なくお使いになれます。 例)58=57.5/57など
Q. サンプルはもらえるか?
A.
商品によりますが、ご用意可能です。こちらからお問合せください。
※送料をお客様ご負担でお願いする場合がございます。
Q. 対応機種が掲載されていない場合
A.
ロール紙は用途が多岐に渡るため、掲載している機種は一部となっております。
ロール紙のサイズと紙のタイプが合えば、載っていない機種でもご使用いただけます。
なお、レジスターの一部の機種では、オプション機能により複数サイズ使用できるものがございます。
お手元のロール紙のサイズをお確かめの上、ご購入ください。
Q. 欲しいサイズやデザインが無い場合、特注できるか?
A.
可能です。ロール紙のサイズ、紙のタイプをお調べの上、こちらからお問合せください。
デザインを特注する場合はデザインデータをお送りいただき印刷させていただきます。
※特殊な印刷やデザインの場合、調整が必要になることがございます。
Q. μ(ミクロン)とは?
A.
紙の厚さを表す単位です。ミクロンとは1000分の1mmのことで、「65μ」と表記されているものは、厚みが0.065mmとなります。