おじいちゃんの話だと、ゴルフ場のグリーンに近いらしいです。
(東京都のH様:163cm×500cm SUPER-BENT「特注サイズ」)

『本日、マットが届きました。早速開封、設置させて頂きました。
今、小学1年生ですが、幼稚園の年少さんの頃から、将来はプロゴルファーになると言って毎日おじいちゃんに付き合ってもらって練習しています(^-^)
今までは、幅が60cm、長さ3mの市販の物を使っていましたが、正直物足りなくなっていました。
ネットで色々探しているところで、こちらの商品に出会ったと言う訳です。
実際梱包を解いてみて感じたのがマットの柔らかさです。触り心地が抜群にいいです。
おじいちゃんの話しだと、ゴルフ場のグリーンに近いらしいです。
とりあえず、付属の目標シールを50cm毎に貼って順目、逆目と練習してみたところ、本人も満足しているようです。
自宅に最高の練習場、まさにその通りでした。ありがとうございました。』


しっかり芯で打ててないと届かない感触が本当のグリーンに近いと思います。
(神奈川県のH様:45cm×3m SUPERBENTプラス+[マット組合せ:SB+BENTの2枚組])

『PROゴルフショップさま
商品届きました。ありがとうございました。
さっそく使ってみた感想です。
今までコースでは2mくらいで打ち切れずにショートする事が多かったのですが、しっかり芯で打ててないと届かない感触が本当のグリーンに近いと思います。
かなり練習の効果が上がりそうで楽しみです。』

確実にパットが上手くなってる実感があります。
(東京都のK様:45cm×4m BENT-TOUCHパターマット)

『BENT-TOUCHの転がりスピード、最高です!
よく行くゴルフ場のグリーンに一番近い感じで、すっごく気に入りました。
貴社の商品を手に入れてから、毎日少しの時間でも必ずパターを握る習慣がつき、
確実にパットが上手くなってる実感があります。
感謝です!(笑)』

子供たちも楽しめ自分も練習できる、購入してよかったです!
(愛知県のA様:90cm×3m BENT-TOUCHパターマット)

『お世話になります。ベントタッチ90cm×3mを購入しましたAです。
自分の練習だけなら45cm幅でもいいと思いましたが、子供たちがやるってきかないと予想して90cm幅にしましたが、正解でした。購入後一人で練習できたことはありません(笑)
でも子供たちも楽しめ自分も練習できる、購入してよかったです!
多少自分の所属コースより少し早めでしたので、一緒に送っていただいた端切れをカップの向こう側に立てかけそれが倒れない程度に触れるタッチだと丁度よいと思い練習しています(よりシビアな練習ができます)』

距離感の練習がしやすく満足しています
(栃木県のS様:90cm×3m SUPER-BENTパターマット)

『最近5年ぶりにゴルフを再開しました。久々のラウンドではパターの感覚も鈍っており
家での練習器具を探していたところこちらのマットを知りました。
今までは通常の上り坂形式のパターマットを使っていたのですが、こちらのマットは順目、逆目、さらに斜めとバリエーション多く練習ができとても満足しています。
また一般的なパターマットのような「上り坂」がないことに加え、「距離感マスターカップ」の使用によりショートやオーバーの程度が一目瞭然で距離感の練習がしやすいです。
このマットでパターの感覚を磨き、またゴルフを楽しんでいきたいと思います。』

弱ければブレーキがかかるように止まり、強すぎるとスーっとオーバーしてしまい、まさに実際のグリーンそのものです
(山梨県のM様:90cm×4m SUPER-BENTパターマット)

『今までは30cm×2.5mのパターマットを使っていましたが、パターマット工房さんの商品の評判の高さを知り、購入にいたりました。
一番のポイントは、パターマットの幅や長さが自由に選べることでした。幅が90cmあれば、斜めに使うことで、目標にパターフェースやアドレスを合わせる練習に良いのではないかと思いました。また、長さも2.5mでは短く感じていたため、4mにしてみました。
使用しての感想ですが、幅が広いので、斜め使いができ、練習にはもってこいです。長さも4mにして正解でした。
打ってみての感じですが、弱ければブレーキがかかるように止まり、強すぎるとスーっとオーバーしてしまい、まさに実際のグリーンそのものです。
手で触った感触も良いうえに、2階のフローリングの上で使用していますが、ボールが転がる音も問題ありません。
(今まで使用していたものは転がる音がうるさかったので、夜使用するときは家族に不評でした。)
「まっすぐぱっと」は、自分のストロークの確認をするには最適です。
特にフォロースルーの意識が強く持てるようになり、ヘッドアップも矯正できる感じです。
「距離感マスターカップ」もカップオーバーの感触を掴む事が出来て重宝しています。
パターマット工房さんで商品を購入し、非常に満足しています。
素晴らしい練習環境が整いましたので、あとは、このパターマットでどれだけ練習し、パットの腕を上げられるか・・・・・自分次第です。
本当にありがとうございました。』

これだけの距離を実戦に近い環境で自宅の部屋で練習できるのはホントに最高!
(東京都のM様:45cm×5m SUPERBENTプラス+[マット組合せ:SB+EXPERTの2枚組])

『早速利用開始し、結構ハマってます(笑)。リビングの部屋を一杯一杯使っていますが、5mにして良かった。これだけの距離を実戦に近い環境で自宅の部屋で練習できるのはホントに最高!
マットの高速度合いのイメージを、パターの振り幅との相関イメージで言うと、SUPERBENTは、順目の4歩くらいの距離を打つパターの振り幅を同じ4とすると、逆目は同じ距離を打つのに、振り幅に5~6位必要な感じ。
Expertは、本当に高速で、SUPERBENTの順目の4歩を打つイメージで、ほぼ5m先のカップ近くまで届いてしまう。振り幅 vs 距離の相関では、倍近く速い印象。
それと、2種類のマットを並べて使うと幅も90cmあるため、両者をまたがって打つことで、全体の距離感として間の距離感になる、色々なパタンも作り出せます。これを結構楽しんでいます。やはり2つのセットにして良かったです。こうなると、段々、もうひとつのBent Touchも欲しくなってきちゃいました--困った(笑)。』

モノづくりのこだわりに驚いています。
(神奈川県のI様:30cm×4m×2枚組 COMBOパターマット)

『早速使用してみましたが、今までのパターマットとは速さが全く異なり、特にBENT-TOUCHの方はよく行くゴルフ場のグリーンにとても近い感じです。
本当は5メートルがよかったのですが、環境がそれを許してくれず、やむなく4メートルを購入しました。
それでも、ゴルフショップなどで売っているパターマットに比べ軽く1メートル以上長いため、今までにない距離で妻と二人で楽しく練習に使っています。この1メートルの差が、実際のグリーンで活きる筈と信じて練習しています。
また、我が家はマットを敷いたままにできない環境なので、都度丸めて段ボールにしまっているのですが、巻き癖が全然付かず素晴らしいの一言です。この点も、今までのパターマットと比べると雲泥の差ですね。モノづくりのこだわりに驚いています。』

パット数が良くなったと実感!
(群馬県のI様:45cm×4m EXPERTパターマット)

『昨年6月に購入し約9ヶ月経過しますが、相変わらず倉庫内のコンクリートの上に敷いて練習しております。仕事の時期によってはマットを丸めて送られてきた箱の中に収納して練習不可の時もありましたが、ラウンド数日前には必ず場所をみつけてマットを広げて練習しました。さすがに箱に収納してる期間が長かった時は広げた時に両側10cmはわずかに丸まってましたが他は問題無しです。
時期的に倉庫内のスペースも余裕が出てきまして、ここ最近は時間があればマットを移動させていろんな場所で練習しております。
平らなコンクリート上でもやっぱり場所によってボールが曲がる箇所があったり、わずかですがマットの両端から打つと登り、下りの微妙な所があるんですよね・・・(笑)。
自分の練習方法は、まず「今日はこの場所で・・・」と適当な場所にマットを敷いてマスターカップを置き、マットの片側から球を数発をカップにめがけて打ちます。
「こっち側からはストレートに打てばいいな」と分かったら今度は逆側から数発打ちます。
すると面白いことに逆側はさっきより微妙な登りでフックしてマットからボールが外れる場合があります。
それが分かった時は目標のマスターカップから仮想のカップをイメージして真っ直ぐ打つ練習も出来る様になってきました。
そしてマスターカップの枠内に入れば良い練習になります。
ホント、このマットを購入して練習するようになってから自信をもって打てるようになり、パット数もマット購入以前より良くなったのが実感します。』

これもひとえにSUPER-BENTパターマットの質感が実際のグリーンとかなり近いものに仕上がっているからでしょう
(静岡県のH様:45cm×5m SUPER-BENTパターマット)

『購入されたほとんどの方が、上り坂&穴付きマットがそもそもおかしいとの意見、まったく同感です。
このマットはコースの練習グリーンと同様の感覚で練習できます。
自分の場合ロングパットの距離感を掴むのが苦手で、「まっすぐぱっと」の10cm刻みの印にヒントを得て、マット付属の白丸シールをボール後方5cm刻み、前方10cm刻みでマットに張り付けテークバックのストローク量とボールの転がる距離の関係を体に染み込ませています。
実際のコースではまだ1ラウンドしかしておりませんが、距離感抜群でした。ロングパットでも自信を持って自分が決めたストロークができた結果3パットはありませんでした。
これもひとえにSUPER-BENTパターマットの質感が実際のグリーンとかなり近いものに仕上がっているからでしょう。残念ながらこのマット、ライバルにはお勧めできません・・・。』

おかげさまで非常に良い練習場を作ることが出来ました!
(埼玉県のI様:人工芝SPORTGREEN)

『先日人工芝でお世話になりましたIです。その節はいろいろお世話になりましてありがとうございました。おかげさまで自宅に練習場を作ることが出来ました。
もちろんパターもまっすぐぱっとを使って練習させていただいております。
パターはマット敷いた状態で3m程で基本距離を練習しまして、ロングレンジで練習する場合はマットをはずして5mに拡張して練習してます。
何はともあれ非常に良い練習場をおかげさまで作ることが出来ました。
今後も何かありましたらよしくお願いいたします。
ちなみに現在スコア85前後なので70台目指してがんばります。』