10/10更新!
今うまいぞ!
シッカリ濃いめな白ワイン!
アレハイレン・クリアンサ[2014]アレハンドロ・フェルナンデス(白ワイン)
『スペインのペトリュス』と、ロバート・パーカー氏が絶賛し、リベラ・デル・デュエロのポテンシャルをまざまざと見せ付けたワイン『ペスケラ』
2年前に、当主アレハンドロ・フェルナンデスの娘、オルガ・フェルナンデスさんがタカムラにお越しいただきました。
『スペインのペトリュス』『テンプラニーリョ・マスター』などと数々の異名を持つ、スペインの土着品種をこよなく愛する『ペスケラ』。
日頃、どこに行くにも、飛行機の中でも(笑)自身のテンプラニーリョしか飲まない!という、当主アレハンドロ・フェルナンデス氏が、な、なんと!白ワインを、1種類だけ、造ってるんです!!
樹齢80年のアイレン種。ステンレス発酵後、アメリカン・オークで24ヶ月も熟成をさせています。
味わいは、とにかく濃厚!!期待して飲んでください!
アイアンゲート・シャルドネ[2013]バビッチ(白ワイン)
今回のテーマは、少し肌寒くなってきたということで…
『今うまいぞ!シッカリ濃いめな白ワイン!』
白ワインは、シャブリを始めキリッと辛口党も多いのですが、今の季節からは濃厚なタイプも、より美味しく感じられるのではないでしょうか♪
でも、ただ濃いだけじゃ飲み疲れしますよね。その点、このワインは、名前こそ『アイアンゲート』なんて言う、いかにも強そう(濃そう)な名前ですが、圧倒的なボリュームの果実味の中にもミネラル感があって、食事とも合わせやすかったです。
もちろん、ワイン単体で飲んでも、リッチでグラマラスな香りと味わいが楽しめますよ♪
ぜひ、少し大きめのブルゴーニュグラスのようなタイプで飲むのが、香りも豊かに感じられるのでオススメです!
イ・シストリ[2013]フェルシナ(白ワイン)
キャンティ・クラシコの名門『フェルシナ』が造る、白ワインの『イ・シストリ』。
ラベルにもこだわりがあるそうで、カシミヤテイスト(=カシミヤのような、やわらかい味わい)をイメージした、カシミヤの模様を刻んでいます。
トスカーナ産のシャルドネを、100%使用して造られるこのワイン。はっきり言って、かなり濃厚です!
飲んだ後の、後に引く余韻が長くて、パワフル&エネルギッシュ!!
エレガントさも感じて、《濃厚&まったり系》の白ワイン好みの方なら、お気に入りの1本に加わるワインですね!!